自己破産を検討したほうが良いケースとは、債務者に返済能力、支払能力が無いケースです。
わかりやすい例としては多重債務者です。


多くの消費者金融から借り入れを行い、利息の返済もままらない状態では、任意整理や個人再生の手続きを検討しても返済計画、再生計画を立てる事が出来ません。返済する計画を立てる事が出来ないと、債権者や裁判所が手続きを認めてくれません。

よって自己破産を選択し借金を帳消しにしてやり直すほうが債務者にとっては最良の選択となります。

自己破産の手続きが裁判所で認められると、申し立てた債務者の持っている一定額以上の資産や財産を処分する事になります。持ち家や自動車、退職金や保険などを失う事になりますが、その代わり取り立てや督促から開放され、人間らしい落ち着いた生活を取り戻す事が出来ます。


自己破産は、法律で認められた合法的な借金の整理方法です。よって手続き後に取り立てや督促はやってくる事はありません。
手続きによって失う物はありますが、1から生活をやり直し、もう一度失った物を取り戻すチャンスもあるのです。

最後は少しだけ自己破産手続き後の注意点を紹介して終わります。


破産者になった後、消費者金融やヤミ金からダイレクトメールやチラシが自宅に届く可能性があります。ダイレクトメールやチラシの業者からなら借り入れ可能と感じても、利用は避けてください。

手続き後から7年間は、再び同じ手続きは出来ませんので、今度借金で追い詰められると自力返済を迫られます。

借金問題 相談といえばこちらです。

自分で自分を追い詰める事になりかねませんので、手続き後は現金だけの生活を心がけてください。